投資信託初心者のためのコーヒー浜屋が解説ブログ

投資信託初心者のためにおすすめ情報を解説していきます。

営業マンの言うことはセールストークに過ぎない

販売会社に行くと、営業マンが金融商品をおすすめしてくることがあります。 大手証券会社や有名な銀行の営業窓口などでよくありますが、まるで自分の会社の商品のような口ぶりです。

しかし、彼らの仕事は販売をするだけですので実際の運用はしません。 運用会社とは役割が分離しています。

運用会社は販売会社とは別会社であるということです。 あなたの資金を運用しているのは、運用の専門家である運用会社です。

あくまでも販売しかしていないのが販売会社であり、販売会社は販売をするだけが仕事なのです。 こういったことをよく認識しておかなければなりません。

彼らのような販売会社にとって、投資信託を購入した客が得をしようが、あなた自身の運用成績の利益というのは、販売会社の利益にとって関係のない話なのです。 投資信託を購入した結果が彼らの儲けになるのではなくて、あなたに投信商品を売った、その時点でかかる手数料で儲けているのです。

販売会社はファンドの販売をしていますが、投資家に対して運用の指示ですとか、預かった資金の保管というのはしません。 何とか買わせようと思って商品の説明をしているので、セールストークに過ぎないのです。

運用のプロではありませんから、あなたにとって本当に良いものをすすめているのかどうかもわかりません。 購入する場合は自分自身で本当に納得できる金融商品なのか、自分で見極めなくてはなりません。





カテゴリー:投資信託

« 運用対象は様々あります    お金を増やそうとすればリスクもある »
Copyright © 2009 投資信託初心者のためのコーヒー浜屋が解説ブログ. All rights reserved