投資信託初心者のためのコーヒー浜屋が解説ブログ

投資信託初心者のためにおすすめ情報を解説していきます。

運用対象は様々あります

運用会社はどこに投資するのかを考えます。 集められたお金は信託銀行に保管されますので、運用会社が指示を出し、その指示が信託銀行に伝えられると、信託銀行は株や債券を中心に金融商品を選んでいくというわけです。

運用がどのようにされるかというのは、運用会社の考え方によって変わります。 どのような対象に投資をしていくのか、皆さんの資金がどのように運用されるのかといったことも、運用会社の運用方針によって決められています。

運用対象というのは国内株式やインデックス投資、債券や国内株式など様々です。 株価指数への投資なんかもありますし、運用対象は本当に幅広いです。

前回は運用会社と販売会社の役割の違いについて触れました。 販売会社は販売しか行わないということでしたが、逆に販売等は行わず、運用会社は運用だけに集中します。

そして、お金は信託銀行に保管されます。 専門に資産管理を行うのが信託銀行です。

販売会社と信託銀行、そして運用会社はそれぞれ別々の役割を果たしています。



カテゴリー:投資信託

« 投資信託の特徴    営業マンの言うことはセールストークに過ぎない »
Copyright © 2009 投資信託初心者のためのコーヒー浜屋が解説ブログ. All rights reserved