投資信託初心者のためのコーヒー浜屋が解説ブログ

投資信託初心者のためにおすすめ情報を解説していきます。

投資信託の特徴

投資信託の特徴を考えてみます。 投資信託には運用報告書を出さなければならない義務があります。 投資信託の運用は他の金融商品と何が違うかというと、やはり、このような義務を守らなければいけなかったりすることです。

あくまで「投資信託及び投資法人に関する法律」という法律に従って目論見書を作成したり、資金を集めたりしますが、一般的にいわれるファンドというのは、投資信託よりももっと広義の意味での様々な金融商品を意味します。 例えば、集団投資スキームのことを指して、ファンドという言葉を使う場合があります。

これは投資事業組合などがそれにあたりますが、ファンドと呼ぶ時は、このように「特定の目的を持った複数の投資家による投資」を指すこともあるのです。 ですから、他の金融商品と投資信託の違いは何かというと、専門の法律で定められているというところが一番大きいと思います。

お金を集めて運用するものであるということにおいては、投資信託もその一つと言えますが、このような法律に従って運用がされていますので、投資信託商品の資金を集めたり、投資スキームを組んでいるのは、金融庁に届け出を出した運用会社、投資顧問会社もしくは機関投資家です。 このように投資信託の委託を許可された業者だけが投資信託を扱うことができるのですが、厳しい行政の監督を受けないと委託業者にはなりません。

株式ですとか、為替ですとかデリバティブで資金を運用する行為だけでなくて、ミュージックファンド、レストランファンド、ホテルファンドなどの資金を集めて投資するモデルを指してファンドという言葉を使うこともあり、様々なコンテンツに対して投資が行われます。 一般的なファンドには「投資信託及び投資法人に関する法律」という法律に縛られずに運用されているものもありますので、ファンドと投資信託というのは区別して考えた方がわかりやすいと思います。

投資家から委託を受けて資金の運用をする金融商品という意味で、ファンドという言葉を用いられていることが多いです。 ファンドというかカテゴリの中に投資信託も含まれますが、法律によって定められているという違いは大きいと思います。





カテゴリー:投資信託

« 運用中に間接的に支払う費用    運用対象は様々あります »
Copyright © 2009 投資信託初心者のためのコーヒー浜屋が解説ブログ. All rights reserved