投資信託初心者のためのコーヒー浜屋が解説ブログ

投資信託初心者のためにおすすめ情報を解説していきます。

運用中に間接的に支払う費用

投資信託を購入する時に、販売会社に対して「販売手数料」というのを支払いますが、ファンドの運用中にかかる費用というのもあります。 投資信託を運用する間、「信託報酬」という名目で運用管理費用が発生しており、運用期間中はこの信託報酬を支払わなければなりません。

信託報酬は、間接的に支払う費用として投資家が運用側に対して支払うものですが、これはファンドの資産から日々差し引かれています。 ですので、投資家は最初に購入手数料だけ支払えばあとはお金を預けるだけ・・・、というわけにはいかないのです。

最初に目論見書などを見ますと、どのような負担をするかについては細かく書いておりますので、いくらぐらいのコストが発生するのかというのは予め確認して下さい。 具体的に引かれる費用として、「監査報酬」ですとか、「売買委託手数料」というものがあります。

支払い先は三者あります。 運用会社と販売会社、信託銀行このように振り分けられることになります。

信託報酬にはいくらかかるのか表示できない場合もあります。 定期的に見直されるものですとか、換金手数料、その他の費用が売買条件等によっても異なるものもありますので、少しわかりにくい場合があります。





カテゴリー:投資信託

   投資信託の特徴 »
Copyright © 2009 投資信託初心者のためのコーヒー浜屋が解説ブログ. All rights reserved